輸入車パーツお役立ち情報 | 外車の部品のことなら、パーツスペシャリスト山口にお任せください。

サイトマップ

輸入車パーツお役立ち情報一覧はこちら

BMW エアコン | 輸入車パーツお取り寄せ

2014.05.09

BMWのパーツの多いトラブルの一つに、エアコンの故障があります。


現在のドイツ車の多くは、エアコンに日本製品を使用している為、故障が少ないのですが、少し前のタイプのBMWであると、クーラーが外国製である為、故障が多くなります。

実は緯度で見ると、北海道とイタリアのローマやフランスのマルセイユとは、ほぼ同じ緯度にあります。
もちろん海流や気流の関係で、北海道と全く同じ気温になるわけではありませんが、ローマやマルセイユよりも北にあるドイツが、日本よりも涼しい気候になるのがわかると思います。
事実、ドイツのベルリンの夏の平均最高気温は23℃、冬の平均最低気温は-2℃と、日本に比べて涼しく、夏冬の温度差が小さいです。

そのため、車のエアコンは冷やす機能のクーラーよりも、温める機能のヒーターの方が重要視されてきた背景があります。
ドイツで使用するには十分なエアコン性能かもしれませんが、日本では夏は40℃、冬は-40℃近くになる地域もあり、さらに多湿なので特に冷房の利きが悪く感じるのです。

【BMW エアコントラブル、故障の例1】
中古のBMWを購入したが、暖房はかろうじてエンジンの暖気を使っているので使用できるが、クーラーが全くと言っていいほど効かない。

【BMW エアコントラブル、故障の例2】
鹿児島県に住んでいるため、暖房はほとんど使わずクーラーを多用していたが、だんだんと利きが悪くなってきた。
窓を開けないと暑くてたまらないことがあるのだが、桜島の降灰で窓を開けられないこともあり、かなり困っている。

BMWのエアコンを選ぶ際には、純正部品を使うのが一番なのですが、最近では純正部品よりリーズナブルな社外品も品質が良くお勧めです。特に当店でお取扱いしている社外品はどれも実績のあるメーカーの為、安心してお使いいただけます。

当店ではBMWのエアコンに関して、お客様に最適な外車パーツをお取寄せすることが可能です。
全国対応しておりますので、詳細に関しては輸入車パーツお見積ページよりお問合せください。

BMWのエアコンの手配が可能な型式について

E-CG18  E-CG19  E-CA18  E-BE18  E-CB20  E-BF20  E-CB25  E-BJ25 
E-A25  E-HB20  E-HD25  E-HE30  E-H35   E-HE40  E-GD30  E-G35 
E-L35  E-GD40  E-GD40L  E-GB50  E-G50  E-E50  E-A18  E-A20  E-B20  
E-A25X  E-G30

 

お問合せはこちらをクリック.jpg

お電話でのお問い合わせも承っておりますのでお気軽にお問合せください。
※平日午前9~10時と土曜日午前中(第2・4土曜日定休日を除く)の時間帯がお勧めです。

外車パーツ専門 
有限会社パーツスペシャリスト山口
東京都港区東麻布2-5-9
TEL 03-5575-2215
担当者 山口
 
 
<<外車部品 新着記事一覧はこちら     BMWパーツ ラインナップはこちら>>
 


PAGE TOP