輸入車パーツお役立ち情報 | 外車の部品のことなら、パーツスペシャリスト山口にお任せください。

サイトマップ

輸入車パーツお役立ち情報一覧はこちら

クライスラー、ダッヂ、ジープのフードダンパーのお取り寄せができます!

2015.01.07

クライスラーのパーツに多いトラブルの一つに、フードダンパーの故障があります。

 

クライスラーと言うと典型的な「アメリカ自動車」というデザインで、少し懐かしいハリウッド映画や、オールドカーがたくさんでてくるようなアメリカドラマでは、必ずと言っていいほど登場します。
昔は、カクカクとした特徴のあるデザインでしたが、現在は流線型のデザインがほとんどであるため、オールドファンからすると残念だと言う声も聞かれます。

 

フードダンバーとは、部品の振動をバネなどを利用することにより軽減するものを指しますが、自動車部品ではボンネット(フード)のダンパー、リヤの場合はトランク(リヤゲート)ダンパーの意味として使われています。
自動車部品では単なるダンパーと呼ばれることが多く、ドアやボンネットなど開閉する場所の補助として各所に使われています。

 

特にオールドカーに分類されるクライスラーの車種は故障が多く、日本車と比べてボンネットを開けることが多いです。
しかも、車体重量が重いためボンネットやドアなども重く、ダンパーに負担がかかり故障しやすい部品と言えます。

 

【トラブル 故障の例1】
ウォッシャー液を交換しようとボンネットを開けようとしたが、フードダンパーが故障していたため、ボンネットを上げることが出来なかった。
そのため、無理にボンネットを開けて木材を挿んで作業したため、車体に傷がついてしまい、ボンネットも少し歪んでしまった。

 

【トラブル、故障の例2】
高速道路でオーバーヒートしてしまい、ロードサービスを呼んだが、フードダンパーが故障していたためその場で修理できず、修理工場に持ち込まなければならなくなった。

 

クライスラーのフードダンパーを選ぶ際には、ダンパーの稼働がスムーズなものを選ぶようにしましょう。

 

当店ではクライスラーのフードダンパーに関して、お客様に最適な自動車パーツをお取り寄せすることが可能です。
全国対応しておりますので、詳細に関しては、
こちらのページよりお問い合わせください。

 

クライスラー、ダッヂ、ジープのフードダンパーの手配が可能な型式について

 

【クライスラー】

 ABA-84609   ABA-LX36   ABA-LX35   ABA-LX57   ABA-RT38   ABA-PT24   ABA-PT2K24  

 GH-LE35T   GH-LE57T   GH-RG33S   GH-RG33L   GH-PT24   GH-LX35   GH-LX57

 GH-ZH32   GH-ZH32C   GH-PT24T   GH-PT2K24   GH-PT2K20

 

【ダッヂ】

 ABA-KA37   ABA-JC27   ABA-JSD27   ABA-PM20     

 

【ジープ】

 ABA-MK49   ABA-MK4924   ABA-JK36S   ABA-JK36L   ABA-KL24   ABA-KL32L

 ABA-KL32   ABA-WK36T   ABA-WK36TA   ABA-WK57A   ABA-WK36   ABA-WK36A

 ABA-MK7420   ABA-MK74   ABA-KK37   ABA-JK38S   ABA-JK38L   ABA-WH47

 ABA-KJ37   GH-WH47   GH-WH57   ABA-XH47   ABA-XH57   GH-TJ40S   GH-KJ37

 GH-XH47   GH-XH57   GH-WJ40   GH-WJ47

 

 

お問合せはこちらをクリック.jpg 

お電話でのお問い合わせも承っておりますのでお気軽にお問合せください。

※平日午前9~10時と土曜日午前中(第2・4土曜日定休日を除く)の時間帯がお勧めです。


有限会社パーツスペシャリスト山口
東京都港区東麻布2-5-9
TEL 03-5575-2215
担当者 山口 まで

 

<<外車部品 新着記事一覧はこちら     クライスラーパーツ ラインナップはこちら>>

 


PAGE TOP