輸入車パーツお役立ち情報 | 外車の部品のことなら、パーツスペシャリスト山口にお任せください。

サイトマップ

輸入車パーツお役立ち情報一覧はこちら

アルファロメオのクラッチのお取り寄せができます!

2015.05.13

アルファロメオに多いトラブルの一つに、クラッチの故障があります。

 

アルファロメオは、伝統的なイタリアデザインを踏襲した上での革新的な設計の自動車が多いため、熱狂的なファンが多いので知られています。
特に3000ccを超える排気量を誇るシリーズのものは、エンジン音の美しさとスポーティーな走りを兼ね備えており、日本車には少ないデュアルクラッチトランスミッションも魅力のひとつになっています。

 

しかし、スポーティーな走りというのはミッションの切り替えが多いとも言え、クラッチの故障が起こることも多いです。
最近の車種ならば、不具合があると警告等が点いたりしてある程度予測ができたりすることもあるのですが、ビンテージものの車種になるとそういったものもなく、いきなりクラッチが切れなくなったり、ミッションが入りっぱなしになったりと、走行中に突然支障が出ることがあります。

 

またクラッチの故障となると、エンジン自体を分解してやっとクラッチにたどり着くという工程が必要となるため、車検などでクラッチの交換を進められた場合には一緒にしたほうが工賃が安上がりで済む場合があります。

 

【トラブル、故障の例1】
走行中にミッションがニュートラルになり、切り替えができなくなった。
慣性走行で何とか端に寄せることができたが、何度試してもクラッチが切れずにレッカー車でディーラーに持ち込み修理となった。
点検してもらったところ、クラッチが磨耗しており交換してもらうこととなった。

 

【トラブル、故障の例2】
特定のギアが入らなくなり、高速での運転がしにくくなったため、市内でアルファロメオの修理をしている自動車工場に持っていった。
確認してもらったところクラッチ板が8割以上磨耗しており、交換時期に来ているといわれた。
3万km程度しか走行していなかったが、ギアチェンジの多い走行だと磨耗が激しいので、交換が必要な場合があると整備士から説明された。

 

アルファロメオのクラッチの部品のお問合せの際には、車検証に記載されている車体ナンバーをご連絡ください。

 

当店ではアルファロメオのクラッチに関して、お客様に最適な自動車パーツをお取り寄せすることが可能です。
全国対応しておりますので、詳細に関しては、こちらのページよりお問い合わせください。

 

アルファロメオのクラッチの手配が可能な型式について

 

147

 ABA-937BXB  GH-937AB  ABA-937AB GH-937AXL

 

156

 GH-932AXA  GH-932AC  GH-932AXB  GF-932A2  GF-932A1

 GH-932BXW  GH-932B2  GH-932BW  GF-932B1  GH-932BXB

 

159

 ABA-93922  ABA-93932

 

166

 GF-936A2  GH-936A11(A1)  GH-936A11

 

スパイダー

 ABA-93922S  ABA-93932S  GH-91620S  GF-916S2B  GH-916S1B  GH-916SXB

 

GTV

 GH-91620G  GH-916C1  GH-916CXB

 

GT

 GH-93720L  GH-93732L

 

ブレラ

 ABA-93922S  ABA-93932S

 

  お問合せはこちらをクリック.jpg

 

お電話でのお問い合わせも承っておりますのでお気軽にお問合せください。

※平日午前9~10時と土曜日午前中(第2・4土曜日定休日を除く)の時間帯がお勧めです。

 

有限会社パーツスペシャリスト山口
東京都港区東麻布2-5-9
TEL 03-5575-2215
担当者 山口

 

<<外車部品 新着記事一覧はこちら      アルファロメオパーツ ラインナップはこちら>>


PAGE TOP