輸入車パーツお役立ち情報 | 外車の部品のことなら、パーツスペシャリスト山口にお任せください。

サイトマップ

輸入車パーツお役立ち情報一覧はこちら

フィアットのサーモスタットのお取り寄せができます!

2015.09.02

フィアットに多いトラブルの一つに、サーモスタットの故障があります。

 

サーモスタットは、エンジン内を巡っている冷却水の流れをコントロールしている部品です。
エンジンは冷えすぎていると動きが悪く性能が落ちますが、熱すぎてもオーバーヒートでエンジンがストップしてしまいます。
そのため、エンジンを一定内の温度に保つと効率がいいのですが、それを担っているのがサーモスタットになります。

 

エンジンが冷えている時にはサーモスタットが冷却水を止めてエンジン自身からの放熱で温まるのを待ちますが、エンジンが高温になってくると冷却水を循環させてエンジン冷やします。
もし、サーモスタットが故障してしまうと、エンジンが冷えている状態にもかかわらず冷却水を循環させてしまうため立ち上がりが悪くなったり、逆にエンジンが熱くなっているのに冷却水が循環せずにオーバーヒートを招いてしまいます。

 

また、サーモスタット自身も冷却水が循環するルートの一部になっているため、破損してしまうと冷却水が漏れてしまうため、オーバーヒートを招くことになります。

 

【トラブル、故障の例1】
運転中に「コポコポ」「ブクブク」と言った、水の入ったホースの中を空気が通る音がするようになっていた。
1カ月ほどしてエンジンのオーバーヒートの警告表示が出たため、あわててフィアットの修理工場に持ち込んだ。
詳しく検査してもらったところ、サーモスタットにひびが入っており、そこから冷却水が漏れていてオーバーヒート寸前であったことが分かった。

 

【トラブル、故障の例2】
雪国なので冬場はエンジンをかけて温まるのを待って走り始めるのですが、なかなかエンジンが温まらないようになってきた。
修理工場でチェックしてもらったところ、サーモスタットの開閉弁が開いたままとなっており、冷却水も循環しっぱなしなのでエンジンの温度が上がらないといわれ、交換をしててもらった。

 

フィアットのサーモスタットの部品のお問合せの際には、車検証に記載されている車体ナンバーをご連絡ください。

 

当店ではフィアットのサーモスタットに関して、お客様に最適な自動車パーツをお取り寄せすることが可能です。
全国対応しておりますので、詳細に関しては、こちらのページよりお問い合わせください。
その他外車パーツに関してもお気軽にお問合せください。

 

フィアットのサーモスタットの手配が可能な型式について

 

500

 ABA-31212  ABA-31214

 

パンダ

 ABA-16912  ABA-16914  GH-16912  GH-16912Q

 

プントエヴォ

 ABA-199144

   

グランデプント

 ABA-199142  ABA-199141

 

バルケッタ

 GH-18318

 

ムルティプラ

 GH-186B6

 

プント

 GH-188A5  GH-188A6

お問合せはこちらをクリック.jpg

 

お電話でのお問い合わせも承っておりますのでお気軽にお問合せください。
※平日午前9~10時と土曜日午前中(第2・4土曜日定休日を除く)の時間帯がお勧めです。


外車パーツ専門店
有限会社パーツスペシャリスト山口
東京都港区東麻布2-5-9
TEL 03-5575-2215
担当者 山口 まで

 

<<外車部品 新着記事一覧はこちら     フィアットパーツ ラインナップはこちら>>


PAGE TOP