輸入車パーツお役立ち情報 | 外車の部品のことなら、パーツスペシャリスト山口にお任せください。

サイトマップ

輸入車パーツお役立ち情報一覧はこちら

フィアットのフェールポンプのお取り寄せができます!

2015.12.09

フィアットに多いトラブルの一つに、フェールポンプの故障があります。


フェールポンプとは

自動車にとってガソリンは、なくてはならない燃料です。
ガソリンはガソリンタンクに供給されてから、フェールポンプを中継してエンジンに供給されます。

フェールポンプは単なるガソリンの通り道だけではなく、多くの役割を担っています。
フェールポンプの名の通りポンプとしての役割があり、ガソリンに圧力をかけてエンジンに送り出すため、エンジン側ではスムーズにガソリンを供給できるためエンジンの効率を上げることが出来ます。

また、フェールポンプにはガソリンフィルターを内蔵しているものも多く、フェールポンプ内のフィルターの目詰まりによる故障も原因の一つとして挙げられます。
経年劣化による故障もありますが、過剰に水抜き剤を入れたり、エンジン内が過熱しすぎたりして、意外に短い期間で寿命を迎えることがあります。

【フィアットフェールポンプ トラブル、故障の例1】

ガソリンが満タンに入っているにもかかわらず、スタート時にガス欠のようにエンジンが被るような時があった。
しばらくすると走行中にもエンジンが被るようになり、ディーラーに修理に持って行った。
検査の結果、フェールポンプが故障していてガソリンの圧力が足りず、エンジンに十分遅れていなかったため、交換修理してもらった。

【フィアットフェールポンプ トラブル、故障の例2】

新車で購入して4年目なのに、エンジンの調子が悪く修理工場で検査してもらうことにした。
そうすると、フェールポンプが目詰まりしており、水抜き剤を入れ過ぎていたのと、ガソリンランプがついても走行することが多かったため負荷がかかり過ぎていたのが原因と言われた。

フィアットのフェールポンプの部品のお問合せの際には、車検証に記載されている車体ナンバーをご連絡ください。

当店ではフィアットのフェールポンプに関して、お客様に最適な自動車パーツをお取り寄せすることが可能です。

全国対応しておりますので、詳細に関しては、こちらのページよりお問い合わせください。
その他外車パーツに関してもお気軽にお問合せください。



フィアットのフェールポンプの手配が可能な型式について

500

 ABA-31212  ABA-31214

パンダ

 ABA-16912  ABA-16914  GH-16912  GH-16912Q   E-141AKA   E-141AKB

プントエヴォ

 ABA-199144
 
グランデプント

 ABA-199142  ABA-199141

バルケッタ

 GH-18318   GH-183A6   GF-188A1

ムルティプラ

 GH-186B6

プント

 GH-188A5  GH-188A6   GF-181A1   GF-176BV3   GF-176AR2   E-176AR5 

クーペ

  GF-175A3

お問合せはこちらをクリック.jpg

※お電話でのお問い合わせも承っておりますのでお気軽にお問合せください。

※平日午前9~10時と土曜日午前中(第2・4土曜日定休日を除く)の時間帯がお勧めです。

外車パーツ専門店
有限会社パーツスペシャリスト山口
東京都港区東麻布2-5-9
TEL 03-5575-2215
担当者 山口

<<外車部品 新着記事一覧はこちら     フィアットパーツ ラインナップはこちら>>


PAGE TOP