輸入車パーツお役立ち情報 | 外車の部品のことなら、パーツスペシャリスト山口にお任せください。

サイトマップ

輸入車パーツお役立ち情報一覧はこちら

アルファロメオのセレスピードアキュームレーターのお取り寄せができます!

2016.01.27

アルファロメオに多いトラブルの一つに、セレスピードアキュームレーターの故障があります。

セレスピードとは


セレスピードは、アルファロメオ車におけるセミATシステムのことを指し、通称「セレ」として親しまれています。
AT(オートマ)の手軽さとMT(マニュアル)の操作性の爽快さを併せ持つシステムなのですが、初期のセレスピード搭載車は故障が多いことも知られています。

セレスピードは油圧によりギアチェンジをするのですが、その油圧を保持するのがセレスピードアキュームレーターと言う部品になります。
セレスピードアキュームレーターが故障してしまうと、セレスピードが稼働しなくなってしまうため、ギアチェンジが出来なくなってしまったり、走行中にいきなりニュートラルレンジになってしまったりして、走行に大きな支障を起こします。

以前は、セレスピードアキュームレーターが故障してしまうと、セレスピード本体と併せての交換がメインでしたが、セレスピードアキュームレーター単体の交換修理も増えてきています。

【アルファロメオ セレスピードアキュームレーター トラブル、故障の例1】

ギアチェンジ時にエンジンがぎくしゃくした感じで、立ち上がりが悪いと感じていたが、ある日ギアチェンジ自体が出来なくなり、修理工場にレッカー移動で運ばれた。
点検してもらうとエンジン自体に故障はなく、セレスピードアキュームレーターの故障で、交換修理してもらったところギアチェンジがスムーズになった。

【アルファロメオ セレスピードアキュームレーター トラブル、故障の例2】

運転中に突然ギアがニュートラルになったり、勝手にギアが下がったりする時があり、走行に支障が出るようになった。
ディーラーで検査をしてもらったところ、セレスピードアキュームレーターが故障しており、部品交換の修理をしてもらった。

アルファロメオのセレスピードアキュームレーターの部品のお問合せの際には、車検証に記載されている車体ナンバーをご連絡ください。


当店ではアルファロメオのセレスピードアキュームレーターに関して、お客様に最適な自動車パーツをお取り寄せすることが可能です。
全国対応しておりますので、詳細に関しては、輸入車パーツお見積フォームよりお問い合わせください。
その他外車パーツに関してもお気軽にお問合せください。


アルファロメオのセレスピードアキュームレーターの手配が可能な型式について


147
  GH-937AB  ABA-937AB GH-937AXL

156
  GH-932AXA  GH-932AXB  GF-932A2  GH-932BXW  GH-932B2  GH-932BXB

159
  ABA-93922  ABA-93932
 
166
  GF-936A2  GH-936A11(A1)  GH-936A11

スパイダー
  ABA-93922S  GF-916S2B  GH-916S1B  GH-93922S

GT
  GH-93720L  ABA-93720L

ブレラ
  ABA-93922S  



お電話でのお問い合わせも承っておりますのでお気軽にお問合せください。

※平日午前9~10時と土曜日午前中(第2・4土曜日定休日を除く)の時間帯がお勧めです。

外車パーツ専門店
有限会社パーツスペシャリスト山口
東京都港区東麻布2-5-9
TEL 03-5575-2215
担当者 山口


PAGE TOP