輸入車パーツお役立ち情報 | 外車の部品のことなら、パーツスペシャリスト山口にお任せください。

サイトマップ

輸入車パーツお役立ち情報一覧はこちら

ハンドル重い!異音とガタつき!ステアリングギアボックス故障!|輸入車パーツ故障原因と解決策

2016.03.23

外車部品専門店パーツスペシャリスト山口
のウェブサイトへアクセスいただきありがとうございます。
このページでは輸入車パーツに関する商品情報や故障原因やパーツ交換について情報を更新しております!今回はローバーミニのステアリングギアボックスの写真を添えて、ユーザー視点から「ステアリングギアボックス故障時の症状や原因」について記事を進めて行きます!



ステアリングギアボックス

故障時の症状と原因

交換に関する情報を!


ハンドル切り始めの異音や、ガタつきを感じる


ハンドルの重さ、感触の悪さを感じる


アクティブステアリング異常による警告灯の点灯


ステアリングラックの異音放置するとどうなる?



そんな症状でお困りの方にもお読みいただいているでしょうか?
またMGパーツをはじめ輸入車パーツが見つからずお困りの方にもごらんいただいているでしょうか?
今回の更新がそんなステアリングギアボックス故障の症状でお困りの方にお役立ていただけたら幸いです。



ローバーミニ ステアリングギアボックス.jpg


ROVER MINI.jpg

お急ぎで商品情報をお探しの方へ



商品情報をお探しのユーザー様や、業者様は「お問い合わせフォーム」よりどうぞお気軽にお問い合わせください!



お問い合わせはこちらからどうぞ



お
問い合わせ-
0428.png




ステアリングギアボックス故障!

こんな症状はありませんか?



「走行中にハンドルが効かなくなってしまい慌てて路肩へ停車。
幸い大事故には至らなかったのですが、、」


皆さんはこんな経験をした、または話を聞いた事がありますか?
想像しただけで冷や汗ものの状況ですね。
この時、原因はステアリングギアボックスにあったようです。



ステアリングギアボックスとは?


ステアリングギアボックスは車にとって重要なパーツの一つであり、 自動車の舵取り操作を快適に行う為の装置です。



路面からのキックバックを抑える効果も持ち、 現在ではほぼ全ての車種の舵取り操作に電動パワーアシストや油圧が備わっています。
ステアリングギアボックスの故障は大きな事故に繋がる恐れと、 修理には高額な費用を要します。
お乗りの車に下記の様な症状は出ていませんか?
早めの点検整備で事故を未然に防ぎましょう。



ステアリングギアボックス故障の前兆一例


・ハンドル切り始めの異音や、ガタつきを感じる。
・オイル交換時にステアリングギヤボックスのブーツが破れてしまっていると指摘を受けた。
・ステアリングギアボックスからオイルが漏れている。
・ハンドルの重さ、感触の悪さを感じる。
・アクティブステアリング異常による警告灯の点灯。



ステアリングギアボックス故障と原因


【ハンドル操作不能】

ギアボックスとステアリングシャフトを繋いでいる部分が磨耗してしまいガタガタになってしまっている。このまま磨耗が進行してしまえば、ハンドルが空回りしてしまい、走行中のハンドル操作、方向制御が出来なくなってしまいます。



【エンジン停止の事例も】

ステアリングギアボックスからのオイル漏れを無視して走行した場合、
パワステオイルが無くなり、パワステポンプの焼き付きでエンジンが止まってしまったという事例もあります。また、そのときの程度によりケースは様々ですがオイルシールの交換で対応できるケースもあります。



【早めの整備を心がけましょう】

早めの整備を行えば防げる故障があります。
高額な費用がかかるだけではなく、重大な事故にも繋がりかねません。
オイル漏れなど小さな不具合を放置しないようにしましょう。



ステアリングギアボックスの購入について


~新品純正?中古品?リビルト品?社外品?~

商品購入に当たって

さて、実際に部品交換を行うにあたってのパーツ購入時、皆さんはどんな選択肢を選びますか?新品純正のステアリングギアボックス購入の場合、安心感はあるものの、その高価格に大きな不安が、、。ステアリングギアボックス購入にあたって他には中古品リビルト品という選択肢も考えられます。

とにかく安く済ませる事を優先し中古品を購入するのであれば、「部品内部の程度が把握できない」「交換後すぐに再発の恐れ」等のデメリットも考えられます。



信頼できる商品を

そして更に言えばリビルト品を選ぶ際にもお気をつけ下さい。
自動車メーカーによってはメーカーリビルト品のみの供給もありますし、たとえ保証付きでもメーカーによってその品質には大きな差もあり得ます。

そして費用に関しても違いが出てくるところであり、仮に質の悪いリビルト品を取り付けてしまった場合安く済ませようとしたはずが、結局は二重交換で高くついてしまったケースは少なくありません。



リスクをとるのか、安心をとるのか

出来るだけ信頼出来る販売店に相談し、ご自身が納得できる選択を心がけましょう! 当店では長年お付き合いのある優良メーカーの商品のみを取り扱っております。
初期不良であれば、クレームの受け入れもいたしますのでどうぞご安心下さい!!



外車パーツは

パーツスペシャリスト山口にお任せ下さい


さて、ステアリングギアボックスいついて ブログを進めてきましたがいかがだったでしょうか?ご自身の車に適合するパーツがわからないという方、適合パーツを探しだすのが大変だという方、 是非パーツスペシャリスト山口にご相談下さい!



純正品は勿論、リビルト品、社外品など各メーカーに対応可能、 外車部品に関するあらゆる部品を取り扱っております。
輸入車パーツの仕切り価格、高いと感じていませんか?
外車部品、定価で買っていませんか?

輸入車パーツの事ならこの道37年パーツスペシャリスト山口まで、 お気軽にお問い合わせ下さい!今回取り上げているステアリングギアボックス他、 各メーカーパーツのお問い合わせは 輸入車パーツお見積もりフォームよりどうぞ!



【ステアアリング関連パーツ】
ステアリングアック、ブーツ、タイロッド、ステアリングホイールなど
電話でのお問い合わせも承っております。
平日 午前9:00~10:00、土曜日午前中(第2・第4土曜日、定休日を除く)
時間帯がお勧めです。お気軽にご連絡下さい。



外車部品専門
有限会社パーツスペシャリスト山口
東京都港区東麻布2-5-9
担当者 山口



ステアリング 故障、修理.jpg

自動車足回り関連パーツについて



自動車の足回りで発生するトラブルには 様々なパーツの故障が考えられます!今回の更新でスタビライザーを参考に進めてきましたが、当連載では他にも様々なパーツに注目し、故障時の症状や原因、そして交換・修理についての記事を公開しております。
もしもスタビライザーやスタビリンク他、 足回り関連パーツの情報をお探しの方は下記リンク先のページも 是非ご覧いただきお役立ていただけたら幸いです。



タイロッドエンド


足回りから聞こえる「コトコト・・ガタガタ・・!」という異音。
最近次第に悪化していませんか?
ハンドル操作時の違和感や、ハンドル操作に車体が遅れてついて来るような感覚がある時にはタイロッドエンドが故障してしまっている可能性があります。


link next.png

ステアリングラック


ハンドルを切り返した時に「ゴキゴキ・・!」といった異音、 またはガタツキを感じてはいませんか? こちらのページではステアリングラックについての記事を公開しております。


link next.png

スタビライザー・スタビリンク


自動車の横揺れを抑え、ロールを軽減するスタビライザー。
「乗り心地を変えずにロールを抑えたい」そんな時にはスタビライザー交換の選択は正解かもしれません。
本文ではスタビライザーからスタビリンク、スタビブッシュについてを調べまとめております。


link next.png

パワステ効かない!

パワステポンプ故障原因と交換について


ハンドルが急に重くなってしまった・・!
走行中に異音が発生してしまった・・!
パワステが戻らなくなってしまった・・!
そんな症状がある時にはパワーステアリングポンプに異常があるのかもしれません。
もしも故障してしまったらどうしたらいいのか?
交換する時にはどんな選択をすればよいのか?
リンク先ではそんな内容について調べ纏めてあります。


link next.png




PAGE TOP