輸入車パーツお役立ち情報 | 外車の部品のことなら、パーツスペシャリスト山口にお任せください。

サイトマップ

輸入車パーツお役立ち情報一覧はこちら

ポルシェ986 ショックアブソーバー|輸入車パーツ故障原因と交換

2016.07.29

外車部品専門店パーツスペシャリスト山口です。
輸入車パーツに関する情報を、皆様のお役にたてるよう心がけ発信します。
今回の更新では主にフロントショックアブソーバーをピックアップしておおくり致します。

ポルシェ・不安定な制動



ポルシェショックアブソーバー.jpg

ブレーキや、ハンドリングに不安定さを感じたまま乗られている方は意外と多くいらっしゃるようです。
高速走行中の車線変更時や、ブレーキを踏んだ際に効きがあまく感じていたりしませんか?

「ポルシェの走行なんてそんなもんさ」とおっしゃる方もいらっしゃるかもしれませんね。
確かにそういった所ももしかしたら魅力の一つかもしれません。
しかし、本来ポルシェのブレーキは上質な制動力に定評があるものなのです。

もしもいま、不安定さに不満を感じていらっしゃる方が読んでくださっていたら、是非最後までご覧いただき、交換の参考までにお役立ていただけたら幸いです。

■車種 : ポルシェ・ボクスター(PORSCHE 986 Boxter)
■お取り寄せパーツ : BILSTEINショックアブソーバー(フロント)
■パーツナンバー : VN7-4621
ポルシェショックアブソーバー.jpg

ショックアブソーバーとは?



後に故障原因や、交換時期の目安を考える為にも、先ずはショックアブソーバーとは何かを簡単に復習しておきましょう。

ショックアブソーバーとは、このパーツは衝撃吸収時に上下の動きを静める為に設けられたパーツです。
窒素ガスとオイルを封入した筒状のダンパー。
大まかに表すとこの様に表せるでしょうか?

仮にこのショックアブソーバーが無ければどうなってしまうのでしょうか?
次の段落にご自身の車にも発生している症状はありますか?

フロントショック交換・こんな症状は出ていませんか?



今回、参考にさせていただくのは、 ~ にお乗りの方からのお問い合わせです。
お伝えいただいた不具合は下記の様な症状がありました。

■フワフワとした揺れが止まらずに不快感を感じる
■ステアリングが安定しない
■真っ直ぐ走行していても不安な感覚を覚える
■車検時にロッドからのオイル漏れを指摘された

他にも、フワフワとした感覚とは逆に、ゴツゴツとした突き上げられる様に感じてしまうケースや、 ゴトゴトと異音が障じてしまう事もあるようです。
この方の場合、原因はフロントショックにあったようです。
では、なぜこの様な症状が表れてしまうのでしょうか?
その故障原因を調べてみましょう。

フロントショック故障原因



では、ショックが故障してしまう原因はどんなところにあるのでしょうか?
幾つか書き出してみたいと思います。

■過積
足廻りに過度な負荷をかけたしまってはいませんか?
過度な積載によって車体が沈んでしまう事によってショックアブソーバー抜けによる異音が障じてしまうケースが。

■悪路走行による負担
悪路走行が多い場合、その分ショックアブソーバーには負担がかかり消耗は早くなります。

■スプリングのローダウン
カスタマイズによってローダウンスプリングと巡視のショックアブソーバーを組み合わせた場合、 スプリングを下げる事によってショックアブソーバーに負担が掛かってしまい消耗を早めてしまいます。

ポルシェショックアブソーバー、輸入車パーツ.jpg

ショックアブソーバー 交換時期の目安


■数値で判断した方が良いのか?

一般的な交換時期をインターネットで調べれば5年50,000Kmや、7~8年といった目安とされる数値を見る事ができますね。
しかし、それはあくまでも大まかな目安です。
走行環境や使用状況によって、人それぞれ交換時期は異なりますよね。
中には車体購入から廃車まで交換しない人もいらっしゃるかもしれません。

■走行環境にある違い

舗装状況の悪い道や悪路を普段走る事が多い車と。
舗装の整った道を常時走行する車と。
凸凹道を高速で走行するような運転の仕方と、そうではない場合と。
運転の仕方も同様の例えに置き換える事が出来ますよね。

ポルシェショックアブソーバー、輸入車パーツ故障.jpg

ショックアブソーバー交換時に


■純正品?社外品?
では、ショックアブソーバーを実際に交換しなければならなくなった時、気になるのは費用の面。
保障期間内ならともかく、実費で純正品に交換をとなると安い買い物ではありません。
ではどうするべきか?

純正パーツは確かにベストにも思えますが、他にも社外品といった選択肢もあります。
そう、今回ポルシェ・ボクスターのオーナー様が選んだBILSTEINショックアブソーバーがその一つですね。

■オーバーホールサービスは利用できるの?
全てのケースには「当てはまりませんが、一部の自動車ではオーバーホール出来るサスを装着している場合もあるようです。
もしも可能であれば、高額な出費は抑えられるかもしれません。
ご自身のモノが可能なものかどうか、年の為に質問してみても良いかと思います。

社外のサスペンションにはオーバーホールサービスを行っているメーカーが多くあるようです。
性能を取り戻したい、、!けれど交換は厳しい、、、!
そんな時は一度オーバーホールについての質問をしてみても良いかもしれません。

輸入車パーツはパーツスペシャリスト山口にお任せ下さい

~輸入車パーツ,外車パーツ取り寄せ、新品純正パーツ?リビルト部品?社外部品?~
さて、ここまでポルシェ・ボクスターのフロントショックについてブログを進めてきましたがいかがだったでしょうか?
ポルシェに限らず、取り寄せにあたってご自身の車に適合するパーツが解らないという方、適合パーツを探し出すのが大変だという方は是非、輸入車パーツ専門パーツスペシャリスト山口にお任せ下さい。
今回のような社外部品は勿論、リビルトパーツ、純正パーツなど各メーカーに対応可能です。

当社は長年お付き合いのある優良輸入車パーツメーカー商品のみを取り扱っております。
初期不良であればクレームの受け入れも致しますのでご安心下さい。

外車パーツの仕切り価格、高いと感じていませんか?
輸入車部品定価で買っていませんか?
外車パーツの事なら、この道38年、輸入車パーツ専門パーツスペシャリスト山口までお気軽にお問い合わせ下さい。

今回取り上げているポルシェ・ボクスター(PORSCHE 986 Boxter)BILSTEINフロントショック他、 各外車メーカーパーツのお問い合わせは輸入車パーツ見積もりフォームよりどうぞ。

【サスペンション関連パーツ】
フロントショック,フロントショックアッパーマウント,コイルスプリング,リヤショック,エアーサスショック,エアサスコンプレッサー,ロアアーム,アッパーアーム,テンションロッド,スタビライザイザー,ハブベアリング,

0728-002.jpg



PAGE TOP