輸入車パーツお役立ち情報 | 外車の部品のことなら、パーツスペシャリスト山口にお任せください。

サイトマップ

輸入車パーツお役立ち情報一覧はこちら

ユーザー車検って?輸入車 車検情報を改めて!No.4

2017.03.31

輸入車の車検情報をお探しの皆様にお役立ていただけたらと、 車検に関わるコンテンツを纏めはじめました。
もしも車検の為に輸入車パーツをお探しでしたら、 信頼と実績でこの道38年、迅速なスピード対応・お見積もり・相談無料! この道38年、外車部品専門店パーツスペシャリスト山口までお気軽にお問い合わせ下さい。   ユーザー車検って?輸入車車検情報を改めて!No.4

車検情報バナー 001.png 車検情報バナー 002.png
車検情報バナー 005.png 車検情報バナー 004.png

ユーザー車検で費用削減!?

その方法と注意点


「ユーザー車検って何をどうすればいいの?」
先ずはこのユーザー車検とはなんなのか?
どのように行い、何が必要なのかを書き出してみます。
このページでは「ユーザー車検」の概要を把握できるようご利用いただけたらと思います。
  ユーザー車検って?輸入車車検情報を改めて!No.4

車検を行うにあたって「どんな方法で行うか?」でお悩みになった事はないでしょうか?
またどうしたら車検費用をおさえられるか?とお考えではないでしょうか?
まず考えるのが「車検を何処に依頼するのか?」という点。
一般整備工場(認証整備工場)に頼むのか?
ディーラー(販売店)指定整備工場に依頼するのか?
その他にも車検代行といった選択肢がありますが、 今回はその中の一つ「ユーザー車検」に絞って情報を調べていきましょう。
 メニューバー,
1 ・ ユーザー車検必要書類の準備
2 ・ 点検・整備について
3 ・ ユーザー車検受験当日の流れ
4 ・ ユーザー車検その他の注意事項
5 ・ 車検対策・関連記事




■ユーザー車検 必要書類の準備

ユーザー車検とは、基本的に車検に必要な工程をユーザー自身が全て行う事を指します。
・書類の作成
・点検や整備
・検査場への自動車の持ち込み
車検に必要な法定費用+検査手数料以外の金額を 非常に安くあげる事ができるという方法です。
先ず最初に取り上げるのは「ユーザー車検に必要な書類の準備についてです。
  ユーザー車検って?輸入車車検情報を改めて!No.4

1・自動車検査表(車検証)

2・自動車損害賠償責任保険証明書

3・自動車納税証明書

4・自動車重量税納付書

5・点検整備記録簿

6・自動車検査表

7・継続審査申請書

8・自動車重量税納付書

9・点検整備記録簿

これら各書類は何処で準備できるのか?など詳細をリンク先に纏めて行きます。
詳しい情報は是非そちらをご覧下さい。
  ユーザー車検って?輸入車車検情報を改めて!No.4
to menu 03.png

点検整備について

ユーザー車検を行うにあたって最も重要なポイントのひとつが「点検・整備」です。
車検合格の為だけではなく、「車検後の安全」の為に十分に気を配り行う必要があります。

「自分で整備するのは難しいのでは?」
そう思われる方も沢山いらっしゃるでしょう。
やはり業者にたのんでおいた方が良いのでは?と。
          確かにブレーキをはじめ専門的な知識や技術が必要な場合は、 安全上の理由から考えても国家資格をお持ちの整備士さんに行っていただくよう推奨致します。
しかしある程度の知識をお持ちであれば、また必要な整備状況によっては、 自分自身で点検できるものが多くあるかとも思います。
他にも「点検整備だけをプロに任せる」という考え方も。
それはどういう事?
車検を通過するためにはどんなポイントを確認すれば良いのか?
そういった情報をリンク先に纏めます。
是非一度ご確認下さい。
  ユーザー車検って?輸入車車検情報を改めて!No.4
to menu 03.png

ユーザー車検受験当日の流れ

・車検当日の流れは?
・何を気をつけておくべきなの?

はじめてユーザー車検を行うユーザーにとって、 車検当日は何かと不安が付きまといます。
下記リンク先ではそれら当日の流れを纏め、 大まかなイメージをしていただけたらと思います。
 ユーザー車検って?輸入車車検情報を改めて!No.4
・ライン検査ってどんな風に行うのか?
・外観検査
・サイドスリップ検査
・スピード検査
・ライト光軸検査
・ブレーキ検査
・排気ガス検査
・車検証交付
・もしも不合格になってしまったら?
詳しくはリンク先にてご覧いただけたらと思います。
車検通過の為に必要なポイントをおさえておきましょう。
   ユーザー車検って?輸入車車検情報を改めて!No.4
to menu 03.png

ユーザー車検その他の注意事項

では最後にユーザー車検に関するその他の情報について纏めておきましょう。

・車検の予約をとるには?
・車検後のメンテナンスについて
・ユーザー車検代行
・自身でパーツを準備する事で費用を抑える
・適正パーツを調達するには?
・純正品?社外品?その金額の違いは?

  ユーザー車検って?輸入車車検情報を改めて!No.4      ユーザー車検って?輸入車車検情報を改めて!No.4
to menu 03.png

車検対策・関連記事

さてここまでユーザー車検について進めてきましたがいかがだったでしょうか?
車検時には併せて自賠責や重量税といった費用も必要になってきます。
また整備が必要な場合は「工賃」「部品代」と何かと物入りになってきますよね。

下記リンク先では「自賠責」についてや「ユーザー車検とディーラー車検」、そして「パーツを持ち込んだ場合の違い」等について詳しく書き出していけたらと思っております。
他車検に関する情報をお探しの方は「車検対策!費用削減!トップページ」へのリンクへとお進み下さい!
車検対策LINK 重量税についてページリンク.png
自賠責保険とは?リンクバナー
to menu 03.png


PAGE TOP