輸入車パーツお役立ち情報 | 外車の部品のことなら、パーツスペシャリスト山口にお任せください。

サイトマップ

輸入車パーツお役立ち情報一覧はこちら

ポルシェ356(PORSCHE)フェールポンプ交換!輸入車パーツはお任せ下さい!

2017.07.05

ポルシェ356(PORSCHE)エレクトリックフェールポンプ交換


今回の「輸入車パーツお役立ち情報」ではポルシェ356のパーツ交換の為にご注文いただいたフェールポンプに注目して記事を更新致します!
輸入車パーツの故障や交換でお悩みの方々にお役立ていただけたら幸いです。


ドイツの自動車メーカー「ポルシェ」が1948年に製造開始。
「ポルシェ356」は製品名にポルシェの名前を冠した初めてのモデルとの事。
そのクラシックなフォルムは今でも多くの人気を集めています。
今回オーダーをいただきご用意したのは6V用のエレクトリックフューエルポンプです。
6V電装のフォルクスワーゲンや、ポルシェ356にお勧めな一品。

「エンジンがなかなか始動出来ない・・」
そんな症状でお困りの方はいらっしゃいませんか?
もしかしたらそれは「フューエルポンプ」が関係しているかもしれません。
故障時の症状や、その原因、機能や役割について調べてみましょう!


ポルシェフェールポンプ画像-001.png

  • エレクトリックフューエルポンプ
  • 品番:CA-093A


 メニューバー,
1・機能と役割
2・故障時の症状
3・故障原因について
4・交換の時期や部品調達について
4・17桁の車体番号をお伝えいただくだけ!
4・輸入車パーツは当社にお任せ下さい!
5・車検情報をお探しの方へ



機能と役割


今回のオーダーに提案させていただきましたエレクトリックフューエルポンプ。
例えばオリジナルのフューエルポンプが故障してしまった場合や、更に安定した燃料供給を求める方にお勧めです。
(プラケットやフェールホースを取り付けるフィッテイングも付属)
ではでは、こちらの機能と役割を調べてみましょう!



フューエルポンプの主な働き
近年の自動車は燃料をエンジン内部に供給する為に 強力なエネルギーで噴射機に圧力をかける事でガソリンを霧状に噴射させます。
この時に必要となる強力な圧力をかける事が「フューエルポンプ」の主な役割になります。
燃料をフューエルタンクから吸い上げ、圧力を加え、 フィルターを通じてガソリンを吐出します。



 メニューへ戻る

故障時の症状


燃料ポンプの故障で良くある症状にはどんな事があるのでしょうか?
ここではその症状について幾つか纏めてみたいと思います。
ご自身の車にも下記の様な症状は出ていませんか?


  • ①エンジンの始動性が悪くなっている
  • ②走行後一度駐車し、再出発しようとするとなかなか始動できない
  • ③始動後は問題なく走行出来るのでそのまま放置してしまっている
いかがでしょうか?
この様な症状がある時には燃料ポンプに異常がある可能性があります。
上記の中でも特にご注意いただきたいのは③の症状を放置してしまっている状況です。
エンジンの始動が悪く「少し調子が悪いのかな?」とそのまま放置してしまう事で 状況はどんどんと悪化してしまい、後に突然のエンストを起こしてしまう危険性もあります。
「急な坂道走行中」や、「高速走行中」にエンストしてしまう・・・!そんな恐ろしいご経験をされた方もいらっしゃるのではないのでしょうか?

 メニューへ戻る

故障原因について


気温が高くなってくる時期に故障が多くなる傾向がある燃料ポンプ。
どんな事が故障の原因に関わってくるのでしょうか?


一つはゴミによる影響。
燃料タンク内部にガソリンが少なくなっている状態では、 タンク下部にある「ゴミ」をポンプが吸い上げやすくなってしまいます。
それによりフィルターにゴミが溜まってしまいエンジン不調の原因となってしまうのですね。

他にはポンプのオーバーヒートも少なからず影響しているようです。
燃料タンクが空に近い状態になっていると、 タンクに戻ってきたガソリンの熱を冷ます事が出来ずに ポンプのオーバーヒートに繋がってしまうという事らしいのですが。
タンクやポンプに冷えた状態のガソリンがあれば、 熱を持ったガソリンがタンクに戻ってきても、混ざり合う事で熱を下げられるという事ですね。

「熱」と「ゴミ」による影響。
これら上記の故障に起因する原因の一例を考慮すると、 夏場の暑い時期の走行には燃料をいつもより多めに補充しておくと良いかもしれませんね。

 メニューへ戻る

交換の時期や部品調達について


それではフューエルポンプを交換する際に必要となる試用期間の目安や、 ご自身の車に適合するパーツを準備する為には?といった事について纏めてみたいと思います。


使用期間の目安はどのくらい?走行距離はどのくらい?

まず試用期間として多く見かける数値としては8年~10年も使用していると、 他パーツ同様にフェールポンプにも不具合が発生してくる事が多いようです。
使用状況や走行環境によって差がありますので、 勿論それ以上の場合もありますし、それ以下でもあるのですが、 先の使用期間に入ってくると、どんな方にも不具合が発生する可能性が高くなってくると認識していただけると 良いのかなと思います。

自身の車に適合するパーツを準備するには?

例えば交換作業等を整備工場やディーラーにお願いしたいが、 交換部品は自身で準備し「持ち込み整備」を依頼したいとお考えになる方が 近年多くいらっしゃるようです。
  • 「コストを出来るだけ抑えたい・・・」
  • 「希少部品の為なかなかパーツが見つからない・・・」
  • 「社外品やOEM製品を探しているが適合パーツがわからない・・・」
そんな風にお困りの方もいらっしゃるでしょうか?
上記の様に輸入車パーツをお探しの時には是非当社に一度ご連絡下さい。
この道38年で築き上げた独自ルートから、 お客様のご要望にそった外車部品を提案・調達致します!

エレクトリックフェールポンプ-002.png


お問い合わせ-0428.png


 メニューへ戻る

17桁の車体番号をお伝えいただくだけ!


簡単手続きで最適な輸入車パーツを!

当社のお見積もりフォームから、またはお電話にて、 車検証にある17桁の車体番号と必要なパーツをお伝え下さい。
たったそれだけの簡単手続きでお見積もり可能です!

例えばこんな部品が見つからずにお困りではないでしょうか?
  • 日本国内欠品中のパーツ
  • 生産中止になってしまったパーツ
  • 希少すぎて何処をあたっても断られてしまったパーツ
  • 優良社外部品・リビルト品・OEM製品
  • 逆輸入車や並行車のパーツ

希少な輸入車パーツも諦めないで下さい!

日本国内には在庫がなく入手出来ない状態となっているパーツや、 既に生産中止になってしまっている車の部品でもあきらめないで下さい!
何処へ頼んでも見つからなかった・・・、そんな輸入車パーツはありませんか?
勿論100%とは限りませんが、当社ならばそんなご要望にも応えられるかもしれません!

例えばロシアの自動車「LADANIVA(ラーダニーヴァ)」のヒーターコア。
(※取り扱い参考記事は下記リンク先をご覧下さい)
「ラーダニーヴァ(LADANIVA)本国オーダー!ヒーターコア入荷しました!」

またはモーガン(MORGAN)に使用出来るブレーキ関連パーツを 社外品で揃えた事例。
モーガン ブレーキ故障!(MORGAN PARTS)社外品を迅速に手配いたしました!

他にはボルボの生産中止部品を探し出して欲しいいといただいたオーダー
「ボルボ故障!生産中止品を含めVOLVOパーツを早急に手配!」

これらはあくまでも当社取り扱い事例の一つにすぎませんが、 クラシックな希少自動車にお乗りのオーナー様や、困難な整備を依頼される事の多い整備士様、専門店、ディーラー様ら全国各地多くのプロフェッショナルにご定評いただいております。

 メニューへ戻る

輸入車パーツは当社にお任せ下さい!


さてここまでポルシェ315に用いるエレクトリックフェールポンプについて 進行してきましたがいかがだったでしょうか?
当社は欧州車やアメ車は勿論、全ての輸入車パーツに対応し、 「適切なパーツ特定」と 「迅速な対応力」をご評価いただきご利用いただいております。


例えば、「自分の車に適合するパーツがわからない・・・。」 そんな時にもどうぞお気軽にお問い合わせ下さい!純正部品は勿論、優良社外品、OEM製品、リビルトパーツをお探しの方も是非一度ご相談いただけたらと思います。
この道38年、積み重ねた経験と、築き上げた独自のルートを活かし、あなたの部品調達のサポートをさせていただきます!




お問い合わせ-0428.png

輸入車パーツ専門パーツスペシャリスト山口.jpg

 メニューへ戻る

車検情報をお探しの方へ


下記リンク先では、外車パーツを持込で修理・整備をお考えの方や、ユーザー車検をお考えの方にお役だていただけたら幸いです。

車検対策リンクバナー 重量税についてページリンク.png
自賠責保険とは?リンクバナー

サイトトップへ

 メニューへ戻る


PAGE TOP