輸入車パーツお役立ち情報 | 外車の部品のことなら、パーツスペシャリスト山口にお任せください。

サイトマップ

輸入車パーツお役立ち情報一覧はこちら

ジャガー(JAGUAR)エアコン効かない!コンプレッサー故障時の症状と原因

2017.08.18

ジャガー エアコン コンプレッサー故障!


カーエアコンを作動しても冷たい風が出ない・・!
そんな時の原因の一つにコンプレッサーが故障してしまっているケースがあります。
今回の更新ではジャガーオーナー様からいただいたお問い合わせを参考にエアコンコンプレッサーの故障原因や交換についての情報を纏めます。


むし暑い日が続く夏の時期にもしもエアコンが効かなくなってしまったら、、、高速道路等渋滞中にエアコンから生ぬるい風しか出なくなってしまったら、、、気温が高い季節にカーエアコンが故障してしまったら大変な状況になってしまいますね。
「エアコンの効きが悪い・・」「冷たい風が出てこない・・」
先日お問い合わせ下さったジャガーオーナー様もそんな症状発生から、 持ち込み整備の為にパーツをお探しとの事でした。

さてエアコンが故障してしまった時には幾つかの原因があるかと思いますが、 コンプレッサーが故障してしまった時にはどのような症状が発生するのでしょうか?その原因とは?そして交換する時期や費用はどれくらい?そんな疑問を基にエアコンコンプレッサーについての情報を調べて行きましょう。



ジャガーパーツ.png

  • JAGUAR ,XF,XFR,XJ,XJR,XK,XKR,
  • C2D38105
  • (純正部品)

 メニューバー,
1・機能と役割
2・故障時の症状
3・故障原因
4・交換について
5・適合パーツをしっかりと手配する為に!
6・輸入車パーツは当社にお任せ下さい!
7・車検情報をお探しの方へ
8・夏場に困る故障パーツ 関連情報



エアコンコンプレッサー機能と役割


先ずはエアコンコンプレッサーがどの様に機能し、 どのような役割を担っているのかを調べてみましょう。


エアコンコンプレッサーとは?

エアコンコンプレッサーは、冷媒を循環させるサイクルを構成するパーツの一つとして機能しています。コンプレッサーによって圧縮された「冷媒(エアコンガス)」は高温・高圧の半液体の状態でコンデンサーへと入り冷却されて、、、といったように冷却関連の各パーツがそれぞれの役割を果たし正常に作動する事で快適な車内空調が保たれています。



ジャガーパーツ-002.png

 メニューへ戻る

カーエアコン故障時の症状一例


ガソリンスタンド等でエアコンガスの補充をお勧めしてもらった事はありますか?
この時エアコンガスが漏れ出してしまっている状況が考えられます。
コンプレッサーが不具合を起こしてしまっている時にはどんな症状が発生してしまうのでしょうか?


ガスがすぐに抜けてしまう

もしも前回のガス補充から時間が経たずにガスが抜けてしまうのならば、 関連パーツの何処かからガスが漏れ出してしまっている事が考えられます。
このような状態ではその都度ガスを補充しその場をしのいでも根本的な解決には至れません。

最悪の場合コンプレッサーが焼きついてしまう可能性もあり得る為、しっかりと点検を行い対処しておく事をお勧め致します。
カーエアコンにとってガスがしっかりと密閉状態にある事はとても重要です。



暑い日にエアコンが効かない

コンプが全力で稼動しても十分な圧力を掛ける事が出来ずに冷却できなくなってなってしまう事があります。他にもエアコンが正常に動作出来ない時には吹き出し口から水滴が出てしまったりといった様々な症状が発生してきますが、そんな時には「リキッドタンク」等のパーツが関連してきます。
各パーツについて纏めた記事もございますので、エアコン関連パーツ情報をお探しの方は、リンク先ページにて是非ご覧下さい。



 メニューへ戻る

エアコンコンプレッサー故障原因


では上記の症状はどのような事が原因で発生してしまうのでしょうか?
その原因についても調べておきましょう。


ガス不足による動作不良

コンプレッサー不具合の原因の一つ「ガス不足」。
それによって正常に作動してくれない時には、修理や交換が必要になってきます。
暑い日になかなかエアコンが効かなくなってしまう原因の一つに「ガス漏れ」があります。

ホース類の劣化、接続部のパッキンやシール劣化による原因が多くあるようです。
カーエアコンが冷える為の燃料である「冷媒(エアコンガス)」 がどこからか漏れ出してしまっている事でガスが不足してしまっていると、 せっかくガスを補充しても直ぐに冷えなくなってしまいます。



制御系の電気的故障

エアコンサイクルが正常に作動していたとしても、コンプレッサーや空調を制御している電子制御の部分に異常がある事で冷風が出ないケースもあります。
これはオートエアコンの普及によって電子化が進み増えてきた故障原因です。
このケースでは、故障箇所を見つけ出す為に丸一日費やすこともあれば、比較的簡単に見つけ出せる事もあるそうです。
更に細かに言えば電子部品の機械故障といえるものもあるそうですが、この場ではおおまかな要点をお読みいただけたらと思います。


またサイクル詰まりの場合でエアコンが効かないからといって、むやみにガスチャージを行う事でガスの過剰充填となりコンプレッサーを壊してしまう原因となってしまう事があります。
確実に修理するためには適切な診断と修理技術が必要不可欠です。
もしもエアコン関係の故障で大困りの時には、プロによる診断をしっかりと受ける事をおすすめいたします。



ジャガーパーツ-005.jpg

 メニューへ戻る

エアコンコンプレッサー交換について


意外にも故障が多いパーツの一つであるエアコンコンプレッサー。
もしも故障してしまった時には交換も必要となりますが、気になるのはその交換時期という方も多くいらっしゃるでしょう。
エアコンコンプレッサーの交換時期、使用期間の目安はどのくらいなのでしょうか?


車によって異なる寿命

まず知っておきたいのが、その寿命は「各車によって異なる」という事です。
毎日自動車を利用し、多くの走行距離がある車でも、故障する事無く長期間使用できるケースもありますし、週末のみの利用でほとんど乗らない車なのにすぐに故障してしまうケースもあるようです。
しかし使用しなければしないほど劣化の進行が早くなってしまうとも言われるコンプレッサー。
長期にわたり放置してしまう事でガス量が適正でなくなってしまったり、固まってしまう事もあるのですね。


試用期間目安

幾つかの情報源やユーザー口コミなどを調べてみたところ、 あくまでも大まかな目安ではありますが7年~10年といった期間が目安となっているようです。
実に多くのパーツが折り重なっている部分であるこの場所では、 コンプレッサー以外のパーツが不具合を起こしてしまっている事も。
「エキスパンションバルブ」「レシーバータンク」が詰まってしまっていたりする場合があります。


 メニューへ戻る

適合パーツをしっかりと手配する為に!

17桁の車体番号をお伝えいただくだけ!


簡単手続きで最適な輸入車パーツを!

例えばご自身の車に適合するパーツをお探しの時、 そしてそれらが見つからずにお困りの時には是非お気軽に当社までご連絡下さい。 当社のお見積もりフォームから、またはお電話にて、車検証にある17桁の車体番号と必要なパーツをお伝え下さい。
たったそれだけの簡単手続きでお見積もり可能です!



例えばこんな情報や部品が見つからずにお困りではないでしょうか?


  • 日本国内欠品中のパーツ
  • 生産中止になってしまったパーツ
  • 希少すぎて何処をあたっても断られてしまったパーツ
  • 優良社外部品・リビルト品・OEM製品
  • 逆輸入車や並行車のパーツ

希少な輸入車パーツも諦めないで下さい!


日本国内には在庫がなく入手出来ない状態となっているパーツや、 既に生産中止になってしまっている車の部品でもあきらめないで下さい!
何処へ頼んでも見つからなかった・・・、そんな輸入車パーツはありませんか?
勿論100%とは限りませんが、当社ならばそんなご要望にも応えられるかもしれません!



「ラーダニーヴァ(LADANIVA)本国オーダー!ヒーターコア入荷しました!」
例えばロシアの自動車「LADANIVA(ラーダニーヴァ)」のヒーターコア。
当社ならラダ二ヴァパーツも手配可能です!
先日は国内欠品中のパーツを本国オーダーにて手配いたしました。
モーガン ブレーキ故障!(MORGAN PARTS)社外品を迅速に手配いたしました!
またはモーガン(MORGAN)に使用出来るブレーキ関連パーツを 社外品で揃えた事例はこちらをご覧下さい。
社外パーツでどれを購入したら良いか・・・とお困りではありませんか?
当社はお客様のご要望にそったパーツを提案させていただきます。
「ボルボ故障!生産中止品を含めVOLVOパーツを早急に手配!」
他には「ボルボの生産中止部品を探し出して欲しい!」 といただいたオーダーです。
生産中止のスロットルポジションセンサーをはじめ、デスキャップやデスローター、 プラグコードのオーダーを参考にさせていただき各パーツの故障や交換について纏めました。


これらはあくまでも当社取り扱い事例の一つにすぎませんが、 クラシックな希少自動車にお乗りのオーナー様や、困難な整備を依頼される事の多 い整備士様、専門店、ディーラー様ら全国各地多くのプロフェッショナルから、当社のサービスにご定評いただいております。

 メニューへ戻る

輸入車パーツは当社にお任せ下さい!


さてここまでエアコンコンプレッサーの交換や故障について 進行してきましたがいかがだったでしょうか?
当社は欧州車やアメ車は勿論、全ての輸入車パーツに対応し、 「適切なパーツ特定」と 「迅速な対応力」をご評価いただきご利用いただいておりま す。是非一度お気軽にお問い合わせ下さい!


自身の車に適合するパーツを準備するには?

例えば交換作業等を整備工場やディーラーにお願いしたいが、 交換部品は自身で準備し「持ち込み整備」を依頼したいとお考えになる方が 近年多くいらっしゃるようです。
  • 「コストを出来るだけ抑えたい・・・」
  • 「希少部品の為なかなかパーツが見つからない・・・」
  • 「社外品やOEM製品を探しているが適合パーツがわからない・・・」
そんな風にお困りの方もいらっしゃるでしょうか?
上記の様に輸入車パーツをお探しの時には是非当社に一度ご連絡下さい。
この道38年で築き上げた独自ルートから、 お客様のご要望にそった外車部品を提案・調達致します!
この道38年、積み重ねた経験と、築き上げた独自のルートを活かし、 あなたの部品探しをサポートをさせていただきます!





お
問い合わせ-
0428.png

輸入車パーツ専門パーツスペシャリスト山

口.jpg

 メニューへ戻る

車検情報をお探しの方へ


下記リンク先では、外車パーツを持込で修理・整備をお考えの方や、 ユーザー車検をお考えの方にお役だていただけたら幸いです。

車検対策リンクバナー 重量税についてページリンク.png
自賠責保険とは?リンクバナー

サイトトップへ

 メニューへ戻る

他 関連パーツ等の情報をお探しの方へ


最後までお読みいただきありがとうございます。
パーツスペシャリスト山口がおおくりしております「輸入車パーツお役立ち情報」では、他にも様々なメーカー、車種、事例についての記事を公開しております。
今回は冷却関連パーツ、夏場に良くある故障について纏めた記事を幾つか纏めます。下記リンク先にて是非ご覧下さい。



BMW Z3リキッドタンク故障!|輸入車パーツ故障原因と解決策

カーエアコンからの異音や異臭、効力の低下でお困りの方はいらしゃいませんか?
いまいち効きの悪いまま我慢して乗り続けてしまってはいませんか?
液化した冷媒を次の場所へと安定供給出来るように留めておく為のパーツです。
エアコンガスを常にドライな状態に保てる構造になっています。
エアコン関連パーツ情報をお探しの方はこちらの記事も是非ご覧下さい。


エアコンが臭い!暖房の効きが悪い!アウディA3エアコンフィルター交換

冷えてくれないと困ってしまうカーエアコンですが、その冷風が臭くなってしまっていては、それもまた困ってしまいますよね。
エアコンフィルターの交換、最後にした日を覚えていますか?
リンク先ではそんなついつい放置しがちなパーツ「エアコンフィルター」について纏めております!エアコンフィルターの交換で快適な車内空間を!





 メニューへ戻る


PAGE TOP