輸入車パーツお役立ち情報 | 外車の部品のことなら、パーツスペシャリスト山口にお任せください。

サイトマップ

輸入車パーツお役立ち情報一覧はこちら

リンカーン マーク5(Lincoln)キャブレター・オーバーホールキット本国オーダー!!

2017.09.13

リンカーンマークV(FORD)

キャブレターオーバーホール



国内欠品中オーバーホールキット

本国オーダー!



フォード-001.png

アメ車は勿論、欧州車からすべての輸入車パーツに対応可能です!
輸入車専門店パーツスペシャリスト山口のウェブサイトをご覧いただきありがとうございます!この連載では輸入車パーツの「故障」「交換」に関する情報をまとめ、輸入車パーツでお困りの方にお役立ていただける内容を心掛けて更新しております。



キャブレターオーバーホール

お考えですか!?


オーバーホールキット-003.png

キャブをオーバーホールしたいけれどキットが見つからない・・

キャブレター洗浄とOHの違いは?

オーバーホールの料金はどのくらい?

そんな疑問に関する情報をお探しでしょうか?


今回の更新ではリンカーン マーク5のキャブレター・オーバーホールの為に 「オーバーホールキット」のご注文をいただいた事例を参考にさせていただき、 これら上記の疑問について調べていきます。 もしも商品情報をお急ぎの方は次のリンクからお問い合わせ下さい!



リンカーン マークV

キャブレターオーバーホールキット

お急ぎでパーツ情報をお探しの方へ



リンカーンマーク5や各種輸入車パーツ17桁の車体番号でスムーズに進行!!



部品情報をお探しの方は下記リンクよりどうぞお気軽にお問い合わせ下さい!その再には車検証にも記載されている17桁の車体番号をご準備いただくとスムーズに適切なご案内をさせていただけます。



お問い合わせ005.png



オーバーホール

キャブ洗浄

費用について

故障時の症状

故障原因

本国オーダー



キャブレター

オーバーホールについて



キャブレターのオーバーホールとは?

オーバーホールとはキャブレターを分解し、 洗浄や、必要なパーツを交換する作業の事をさします。
先ずはキャブレターをエンジンから取り外し、 全ての部品を分解します。 基本的に全ての部品を洗浄しますが、 壊れてしまったパーツは新品と交換する事になります。


キャブレター洗浄

パーツ交換を行わなくてもクリーニングを行うだけで 回復する事もあります。
それだけキャブレターには汚れが蓄積してしまうという事です。
キャブ内部に付着した汚れや、パイプ内部に詰まった汚れを クリーニング専用のオイルや灯油で丁寧に除去します。



キャブレター洗浄事例



腐敗したガソリンが塞いだ通り道

通常のキャブレターメンテナンスで清掃程度ならパーツクリーナーでも問題なさそうです。

ですが放置してしまったキャブであればキャブクリーナーに漬け置きしなければならない場合もあります。

またキャブレター内のガソリンが腐ってしまった事で、正常に通らなければならないガソリンの通り道を完全に塞いでしまったという事例もあります。

こういった箇所の洗浄ではパーツクリーナーや、キャブクリーナーでもフォローしきれないケースも。

そんな時にはプロに依頼し、しっかりと汚れを落としておきましょう。



費用について



オーバーホール時の料金ポイントとして
洗浄のみで解決できたのか? 部品交換はあったのか? 部品代金はどのくらい必要になるのか?確認しておくようにしましょう。
「部品交換」がある場合とでは工賃は当然異なってきます。


パーツ・オーバーホールキット料金
オーバーホールを行う際にパーツ交換が必要になった時には、 どのくらいのお金が必要になるのか?も把握しておきたいものですよね。

目安だけでも記載しておきたいところですが、パーツ代金に関しても「車種」や「年式」によって違いが出てくるため一概には明記しかねるところがあります。

仮に自動車のキャブをアッセンブリー交換(本体丸ごと)交換する場合は少なくとも5万円前後が基準になっているのかなと思われます。



キャブレター故障時の症状



ご自身の車にもこんな症状はありませんか?
下記にキャブレター故障時の症状について書き出してみました。


  • 突然エンジンが停止してしまった
  • ガタガタと振動が発生してしまう
  • なかなか速度が出ない
  • 不安定なアイドリング

アクセルを強く踏み込んでもスピードが出なかったり・・・信号待ちでエンストしてしまったり・・・このような症状がある時キャブレターの故障も考えられます。




故障原因は?

原因究明で適切な解決方法を



キャブレター故障の原因はどんな所にあるのでしょうか?


燃料タンク内のトラブル、フィラーキャップやフィルターの目詰まりといったポンプ関連の故障や、キャブレタージェットの詰まりといった原因等があるようです。

他、故障原因の一つとしてエアーの吸い込みに関する不具合もあるようです。キャブレターやインテークマニホールドあるホースの亀裂や、パッキン、ガスケットの劣化、またはボルトの緩みで発生する「エアクリーク」と呼ばれるものも。

例えばエンジンが傾いた時ゴムホースに亀裂があったりすると、 そこからエアーを吸い込み、空燃費が薄くなってしまう事でエンジン不調になってしまったり、といった事も。



リンカーン マーク5

キャブレター・オーバーホールキット

本国オーダー



今回の「マーク5」キャブレターオーバーホールキット。
国内在庫切れのため本国アメリカへのオーダーとなりました。


キャブレターが不具合を起こしてしまった時、 クラシックカーにお乗りの方や、交換部品が手に入りにくい方のなかには、 なんとかオーバーホールや洗浄で解決出来たらとお考えになる方もいらっしゃるでしょう。

今回はご注文から2週間程で入荷いたしましたが、 状況により納期は異なります。先ずは一度ご相談いただけたら幸いです。

お問い合わせは「FAX」または「メール」、もちろん「お電話」でも可能です!


お問い合わせ005.png


輸入車パーツ専門パーツスペシャリスト山口.jpg




フォード車 関連記事



ブレーキが効かない!
1972年製フォード(FORD)マスタング
ブレーキマスターシリンダー本国オーダー



LINK



ford007.png

1972年製フォードマスタングにお乗りの方から「ブレーキマスターシリンダー」のお問い合わせで、こちらの事例でも日本国内に在庫がなかったため本国アメリカへのオーダーとなりましたが、ご注文から約2週間で商品入荷です。

・ブレーキを踏み込んでもスカスカしてしまい効きが悪い
・踏み込み時に異常を感じるが走行を始めると元にもどる

そんな故障時の症状から原因・交換時の注意点について纏めました。



今回の更新も最後までご覧頂きありがとうございました。
リンカーン マーク5のような車をいまも大切に乗り続けている方がいらっしゃると思うと嬉しくなりますね。


このように国内在庫無しのオーダーや、生産中止品のお問い合わせはけして少なくはないのですが、探し出せるケースが100%ではないので、今回のようにお役にたてると私達としても嬉しく思います。
よかったら次回の更新も是非ご覧下さい!




PAGE TOP